外反母趾-治療・靴・テーピング・病院での手術
外反母趾-治療・靴・テーピング・病院での手術

外反母趾

外反母趾関連キーワード

外反母趾関連のキーワードを調べてみました。
こんなキーワードで検索されているんですね。

外反母趾 23,023 回
外反母趾 治療 2,329 回
外反母趾 靴 2,096 回
外反母趾 病院 1,142 回
外反母趾 手術 1,089 回
外反母趾 テーピング 890 回
外反母趾 サポーター 620 回
外反母趾用 靴 580 回
外反母趾 予防 427 回
坂本 外反母趾 開発 研究所 341 回

 


外反母趾

外反母趾とは?

 

外反母趾ってなんだがご存知でしょうか?外反母趾というのは親指が変形してしまって、普通は外を向いているはずなのに、小指のほうに曲がってしまっている症状を言います。内側に入っているのになぜ外反?と思ったことがありますがこれは体の中心から見たときに、親指が外に曲がっている状態だからだそうですね。


外反母趾の原因は、ヒールの履きすぎだとか、職業病なんて話もよく聞きますから女性だけの症状かと思っていましたが、実は男性も外反母趾になる人もいますし、子供でも外反母趾になる子がいるようです。外反母趾の根本的な原因は、足の横のアーチ形を作っている中足関節と呼ばれる部分の靭帯が緩くなって起こるそうで、ハイヒールの履きすぎなどは根本的な原因というよりも、この症状が先に起きて、靴の形に足がなってしまうのが原因だそうです。


外反母趾は、足の形が悪くなるだけでなく、魚の目ができたり、腰痛や肩こりの原因にもなるといわれていますから、そのまま放っておくのは危険ですね。


外反母趾

外反母趾が女性に多い理由

 

外反母趾が男性や子供もなるということがわかったのですが、外反母趾は女性に多いといわれていますがその理由はなんでしょうか。一般的にはよくハイヒールの履きすぎだとも言われていますが、これは正解とはいえないようですね。というのも、ハイヒールを普段はかない人でも外反母趾になることがあるからです。


外反母趾の原因がハイヒールなのではなくて、足が弱ってしまっていることが原因で、それによって弱った足を、無理やり先の小さな靴やとがった靴などを履いて変形させているのが女性に外反母趾が多い原因とも言われています。


他の理由としては、女性のほうが筋肉が弱いために、外反母趾になってしまうこともあげられますよね。男性と同じように自分の体を支える足ですが、やはり筋肉が弱いために足に負担がかかってしまいますよね。それも女性に外反母趾が多い原因ではないでしょうか。出来るだけ、女性は、自分の足にあった靴を履くようにして無理をして窮屈な靴をはかないようにしないといけませんね。


外反母趾の予防

外反母趾の予防

 

外反母趾を予防しようと思ったら、今のままではいけませんね。まずは一番大切なのが靴を選ぶことです。前足部分が狭くなっている靴というのは、外反にさせることになるので、いけません。また、ヒールが高めの靴というのも、前足部分に、体の体重が一箇所に集中してかかってきますから外反を招きます。外反母趾を予防するために、靴を選ぶときには、ヒールの高さは3センチ以内で、かかともしっかりとしていて、安定しているもので、前足部分は広めで自分の足にぴったりとしているものを選ぶようにします。


また靴のほかにも外反母趾を予防できることがあります。矯正機具をつけることで外反母趾を予防することが出来ます。最近では色々な種類の外反母趾を予防する矯正機具が販売されていますからそれを使って外反母趾を予防することも出来ますね。


また弱っている足の筋肉や足を鍛えるという意味でも筋力をつけたり、ストレッチをして曲がってしまった指をきちんと元の位置になるように伸ばすのも大切です。


外反母趾の靴

外反母趾のための靴

 

外反母趾のための靴選びのポイントについて紹介します。外反母趾を治療することが出来る靴があります。まずは、自分の足にぴったりとあっている靴を探しましょう。自分の足にぴったりとフィットしている靴というのは外反母趾になりにくいです。足の親指の付け根の部分がきちんと靴で覆われていて縫い目が親指に来ないようなデザインの屈を選ぶようにします。


外反母趾の人はどうしても、足が痛いので、足が痛くない靴を選びたくなりますが、それでは広い靴になりますよね。外反母趾になっているときに、自分にぴったりあっている靴を履けばいたいのは当然です。そのときに、当たって痛い部分の靴の生地を伸ばして、膨らませればいいのですがやりかたがあります。


革靴などの場合には、革の軟化剤がありますからこれを使って革を柔らかくしてから、シューストレッチャーを入れて伸ばしておけば痛くないですし、自分の足にぴったりの靴が手に入ると思います。やはり、自分の足にあった靴を履くことが外反母趾を治療することにもなりますし、予防にもなります。