外反母趾-治療・靴・テーピング・病院での手術
外反母趾-治療・靴・テーピング・病院での手術

外反母趾の靴

外反母趾のための靴

 

外反母趾のための靴選びのポイントについて紹介します。外反母趾を治療することが出来る靴があります。まずは、自分の足にぴったりとあっている靴を探しましょう。自分の足にぴったりとフィットしている靴というのは外反母趾になりにくいです。足の親指の付け根の部分がきちんと靴で覆われていて縫い目が親指に来ないようなデザインの屈を選ぶようにします。


外反母趾の人はどうしても、足が痛いので、足が痛くない靴を選びたくなりますが、それでは広い靴になりますよね。外反母趾になっているときに、自分にぴったりあっている靴を履けばいたいのは当然です。そのときに、当たって痛い部分の靴の生地を伸ばして、膨らませればいいのですがやりかたがあります。


革靴などの場合には、革の軟化剤がありますからこれを使って革を柔らかくしてから、シューストレッチャーを入れて伸ばしておけば痛くないですし、自分の足にぴったりの靴が手に入ると思います。やはり、自分の足にあった靴を履くことが外反母趾を治療することにもなりますし、予防にもなります。


外反母趾と幅広い靴

 

外反母趾には幅広い靴が効果的だと思う人も多いと思います。なぜなら、先が細くなっている靴は、外反母趾になりやすいから、逆に幅が広い靴は外反母趾になりにくいと思っている人もいるのではないでしょうか。しかし、それはあまり忠司答えとはいえないようです。外反母趾で足が出っ張ってしまった人は親指の付け根の部分が痛むので、幅が広い靴を履けば足の痛いのが軽くなるのでよく思いますよね。


しかし、外反母趾というのは、足の横のアーチの部分の形の崩れというのも問題になっているのです。この足の横のアーチの部分がしっかりしていなければ外反母趾はいつまで経っても治りません。足の横には二つアーチの部分がありますよね。一つは土踏まずで、この形が崩れてしまうと偏平足と呼ばれる症状になりますね。そして、横のアーチの部分はこれが崩れてしまうと開帳足ト呼ばれるものになるんですよね。


ですから幅の広い靴ばかりを履いているとアーチの部分が崩れてしまって、外反母趾がさらに悪化することもありますから、幅の広い靴が外反母趾に効果があるという考えは変えた方がいいですね。