外反母趾-治療・靴・テーピング・病院での手術
外反母趾-治療・靴・テーピング・病院での手術

外反母趾の診断

外反母趾の診断

 

外反母趾の診断をしてもらうのは整形外科に行ってしてもらいます。整形外科はもともとは足の専門の科ではありませんが、一般の病院で外反母趾の治療や診断を受ける場合には、整形外科に行くのがいいでしょう。


外反母趾と診断されるには、レントゲンで撮影して、足の角度などを計測します。これはその後の治療や外反母趾の進行を見るのに必要になってきます。まだ外反母趾とは確定できないと診断されて、具体的に治療が始まらなくて経過観察になったとしても、半年後にもう一度受診してみてもらったほうがいいですね。


外反母趾の診断が整形外科で見てもらってわかったら、手術が必要なのか、手術はしなくても治療できるかなどを先生と相談しながら治療を開始していくことになります。きちんと整形外科にかかって、外反母趾と診断されて治療することがこれ以上外反母趾を進行させないことになりますから、足が変形してきたら病院へかかったほうがいいと思います。